アダム・リグス

Adam David Riggs

プロ野球選手。

右投右打、ポジションは一塁手背番号は2番。

1972年10月4日生まれ。米国オハイオ州出身。

サウスカロライナ大学エイケン校から1994年ドラフト22位でロサンゼルス・ドジャースに入団。

1997年にメジャー昇格。9試合に出場したものの、定着できず。

2001年、FA権を行使しサンディエゴ・パドレスに移籍しMLB復帰。しかしシーズン終了後自由契約

2002年、セントルイス・カージナルスへ移籍。

MLBでプレーすることなく、シーズン終了後トレードでアナハイム・エンゼルスへ移籍。

2003年9月にメジャー登録枠拡大と同時にMLB復帰。地区優勝の輪にも加わった。

2004年も9月にメジャー昇格してプレーオフにも出場。2年連続地区優勝


2005年、ヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に移籍。

鈴木健の怪我により、シーズン後半戦より一塁手として定着。

シュアな打撃に磨きがかかり規定打席未満ながら打率3割を記録。

俊足の選手としても有名で、外野を守ることもある。

2006年はアレックス・ラミレスグレッグ・ラロッカと共にF-ブラザーズの一員として活躍。

2番打者として定着し、本塁打を量産している。


リスト::野球選手