アッカド王国

地理

アッカド王国

あっかどおうこく

古代メソポタミアアッカド(北部バビロニアシュメール語ではアガデ)に紀元前2300年頃に興ったセム系アッカド人による王国。シュメール人都市国家ウンマのルガルゲザシを「キシュ」宰相であったサルゴンが倒して建国。山岳民族のグティ人侵入により衰退。

首都アガデはいまだ発見されていない。言語はアッカド語、文字はシュメール人の使っていた楔形文字

主な王

サルゴン(シャル・キン)

リムシュ

マニシュトゥス

ナラム・シン サルゴンの孫、四方(アッカドシュメール、アムル、スバルトゥ)の王

シャル・カリ・シャリ