スマートフォン用の表示で見る

アッペンツェル

地理

アッペンツェル

あっぺんつぇる

(Appenzell)

スイスのアッペンツェル・インナーローデン準州にある基礎自治体 ( ベツィルク )自身とその内部にある一部市街地を指す。 ベツィルク・アッペンツェルは、アッペンツェル、リンケンバッハマイスターリューテ、カウという4つの地域から成っている。その中心的な建物は、教区教会1563年に建てられた市庁舎、Salesisハウス、Clanx城の遺跡、州立記録保管所で、保管所の事務室は国家に重要な遺産 (Heritage sites of national significance)として登録されている。1071年にこの街は「Abbacella」の名で文献に登場した。 1223年までに、「修道院長の部屋」を意味する「Abbatiscella」に変化した。