スマートフォン用の表示で見る

アデニル酸シクラーゼ

サイエンス

アデニル酸シクラーゼ

あでにるさんしくらーぜ

ATPの3”,5”環状AMP(cAMP)とピロリン酸への変換を触媒する酵素、リアーゼ。



cAMPはセカンドメッセンジャーと呼ばれる、真核生物のシグナル伝達に重要な分子である。アデニル酸シクラーゼは、膜受容体に結合してホルモンや他の刺激に反応するGタンパク質を活性化または抑制することができる。cAMPによって活性化されるタンパク質キナーゼ (Aキナーゼ)が細胞内のタンパク質をリン酸エステル化するなどの反応が進行して細胞が応答する。