スマートフォン用の表示で見る

アトムトランジスタ

サイエンス

アトムトランジスタ

あとむとらんじすた

原子を電気的スイッチに利用する、新しい電子素子。従来の半導体に代わることが期待される。

従来の半導体トランジスタとは動作原理が異なり、銅原子イオン化したり戻したりしながら動かすことで、電子的なON/OFFのスイッチの働きをさせる。

半導体と違いリーク電流がないためきわめて低消費電力で、当面は発熱しない静かでエコなパソコンやバッテリーが長持ちする携帯機器への応用が期待される。また、演算と記憶の両方の働きを兼ねることから、まったく新しいタイプのコンピュータが誕生する可能性も考えられている。

2010年12月24日、独立行政法人 物質・材料研究機構独立行政法人 科学技術振興機構国立大学法人 大阪大学国立大学法人 東京大学の共同研究により発表された。

100万分の1の消費電力で、演算も記憶も行う新しいトランジスタを開発−起動時間ゼロのPCの開発にも道−