ATLUS からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

ゲーム

アトラス

あとらす

株式会社アトラス(ATLUS. CO., LTD.)は、セガサミーグループの一員で、コンピュータゲーム等の企画・開発・販売を事業とする企業。

かつてはコンシューマーソフトウェア(家庭用ゲーム)だけでなく、アーケードゲームの開発やアミューズメント施設の運営も手がけていた。

女神転生シリーズやプリント倶楽部で知られるゲームメーカーで、タカラインデックス子会社となるなど紆余曲折あったが、現在はセガサミーグループ*1の一員となっている。

本店所在地は東京都品川区東品川、事務所所在地は東京都世田谷区三軒茶屋

略歴

1986年4月
家庭用ゲームソフトの企画及び開発を目的として設立
2000年7月
株式会社角川書店と資本業務提携を締結。
2003年3月
株式会社タカラ(現 株式会社タカラトミー)と資本業務提携を締結。
2003年10月
株式会社タカラ(現 株式会社タカラトミー)が親会社となる。
2004年1月
株式会社タカラ(現 株式会社タカラトミー)から家庭用ゲームソフト関連事業を譲り受ける。
2006年11月
株式会社インデックス・ホールディングス株式の公開買付(TOB)により親会社となる。
2009年10月30日
株式会社ゴンゾロッソ株式を取得し子会社にする。
2010年5月10日
株式会社インデックス・ホールディングス株式交換によりアトラスを完全子会社化。
2010年10月1日
株式会社インデックス・ホールディングスが株式会社アトラスと株式会社インデックス吸収合併アトラスコンシューマゲーム事業インデックスのコンシューマソフトウェア局として事業継続。アトラスの名はインデックスのゲームブランドとして存続。
2010年12月1日
株式会社インデックス・ホールディングスが株式会社インデックスに商号変更。
2013年11月1日
2013年6月27日に民事再生手続開始の申立てを行った株式会社インデックスに対して、株式会社セガが支援スポンサーとなり、セガが同年9月5日に設立した完全子会社であるセガドリームにインデックスの全事業譲渡。同時にセガドリームは株式会社インデックス(新)に商号変更。
2014年4月1日
会社分割(新設分割)を行い、株式会社アトラスと株式会社インデックスに分割。アトラスの商号が4年ぶりに復活。