アド・サンテル

戦前のプロレスラー格闘家アメリカで活躍した


アメリカ柔道選手と闘い勝利(真剣勝負であったかは諸説ある)、「ジュードー世界チャンピオン」を名乗る。

その肩書のまま、大正10年(1921年)に来日。靖国神社柔道家と混合ルールの試合を行った。

(相手の柔道家はいずれも講道館の強豪だったが、他流試合、プロ試合を認めなかった講道館から試合の時は破門措置を受けた。その後しばらくして復帰している)


この時サンテルは3月5日、6日と連戦して負けず。

のちにサンテルはルー・テーズのコーチとなった。プロレス神話としては、この時サンテルは柔道の裏投げを伝授、それをヒントにテーズがバックドロップを考案した・・・となっている


リスト::プロレスラー

リスト::格闘家