ヒトラー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

アドルフ・ヒトラー

あどるふひとらー

Adolf Hitler1889年4月20日〜1945年4月30日)

 アドルフ・ヒトラードイツの軍人、政治家で、彼は民主的に選ばれた政治家ではあるが、独裁者の典型として知られる。彼を模倣した独裁者は数多い。*1

誕生

 オーストリアハンガリー二重帝国とドイツの国境の町、ブラウナウ・アム・インにて税関吏アロイス・ヒトラーと母クララヒトラーの子として1889年4月20日誕生。母クララはアロイスにとっては3番目の妻であった。アドルフという名前は「高貴な狼」を意味する。

兄弟

異母兄アロイス2世(私生児、1882年 - 1955年、1896 年に家出)

異母姉アンゲラ(1883年 - 1949年

同母兄グスタフ(1885年 - 1887年

同母姉イーダ(1886年-1888年

同母兄オットー1887年 - 数日後死亡)

同母弟エドムント(1894年 - 1900年

同母妹パウラ(1896年 - 1960年

優しい母と厳格な父

 父アロイス・ヒトラーは苦学して税関吏になった努力家で、ヒトラーに対して厳格な教育を施した。子供がいうことをきかなければ容赦なく鞭を振るったという。他方、母のクララヒトラーは慈愛に満ちた美しい女性で、ヒトラーを溺愛した。彼女は1907年乳がんで亡くなるが、当時18歳だったヒトラーは母の死に大変な衝撃を受けたという。クララ看護した医師はユダヤ人であったが、後にヒトラーユダヤ人迫害が激化する中、そのユダヤ人医師をアメリカ亡命させた。

 絵がうまく、画家志望であったが、大学入試に失敗。しかし大変な読書家で、図書館にあししげく通っていたという。


第一次世界大戦への従軍

 その後、オーストリア=ハンガリー帝国兵役を逃れるためにバイエルンに移住。が、第一次世界大戦が勃発すると、大ドイツ主義に心酔していたヒトラー愛国心に燃え、わざわざバイエルン王に手紙を書いて入営を嘆願。国籍が違うにもかかわらず(1925年まではオーストリア国籍ドイツ軍(バイエルン軍)に従軍。伝令兵として一兵卒としては異例の一級鉄十字章を受勲するなど大活躍するが、毒ガスにより負傷し、敗戦時は病床にあった。

 ヒトラードイツ革命がドイツ帝国敗戦の原因となったと考えており、共産主義者に対する憎悪を募らせた。また、戦後ドイツに課せられた膨大な賠償金、領土の割譲、国防軍の縮小などドイツにとって苛烈を極めたヴェルサイユ条約体制に対する憤怒も彼の活力となった。


政治との出会いと、独裁者への道

 戦後はドイツ国防軍のスパイとして社会主義運動を監視する活動に従事するも、諜報活動で潜伏したドイツ労働者党の主義主張に共鳴し、そのまま軍を辞めて入党してしまう。演説が神がかり的に上手かったヒトラーは党内で次第に頭角をあらわし、シンパと影響力を増していった。党の指導的立場となったヒトラーは上層部に巧みに圧力をかけ、独裁を認めさせた。そして1921年、党名を国家社会主義ドイツ労働者党(N.S.D.A.P 「ナチス」は敵対者による蔑称である)と改名。党首に就任したのである。

彼は1923年のミュンヘン一揆の失敗によって入獄するが、国民の間にナチスの支持者が多数存在しており、獄中にもナチス党員がいたため、刑務所内での生活は快適そのものであり、相当の自由も認められていた。獄中で「我が闘争」を口述筆記により執筆。独特の世界観を表明する。

出獄後は武力闘争路線を放棄して合法的な政権獲得を目指す。世界恐慌によりドイツが混迷の度を深める中、着実に支持を伸ばし、国防軍・財界とも関係を確保。1932年総選挙ナチスが第一党の座を得る。

1933年首相となると、国会議事堂炎上事件によって共産党弾圧1934年には全権付与法(全権委任法)を制定して国会を無力化。さらにヒンデンブルク大統領の死によって首相大統領を兼任する総統に就任して独裁を完成する。

第二次世界大戦の引き金をひく

 以後、ヴェルサイユ体制の破壊と生存圏の拡大を企図。反共産主義を主眼とした枢軸を大日本帝国イタリアとともに形成、新世界秩序の確立を目論み、1939年9月1日にポーランドに電撃侵攻。以後1945年大日本帝国無条件降伏まで6年間に及んだ第二次世界大戦の火蓋を切った。

緒戦でドイツ軍は破竹の勢いで進撃し、1940年6月14日にはパリが陥落するなどしたものの、アメリカの参戦、独ソ戦での敗北などで徐々に形勢不利となっていった。

夢の終焉と自殺

 

 1945年4月29日、ソ連軍が迫る総統官邸地下壕にて、長らく愛人としていたエヴァ・ブラウンの懇願に応える形で(彼女はヒトラーとの結婚を切に望んでいたが、ヒトラーは固辞し続けていた)結婚式を挙げ、ヒトラーエヴァは夫婦となった。翌日、ヒトラーの愛犬ブロンディ青酸カリを飲ませて毒の効果を確認し、エヴァ夫人は服毒自殺ヒトラーは拳銃で自殺した。

1945年5月7日にベルリンは陥落し、ドイツは無条件降伏した。


その他

 

 終戦後、戦勝国側によるプロパガンダによって悪逆非道な男、あるいは矮小な男としてのイメージを植え付けられるに至った彼であるが、ヒトラーの身近にいた人たちの証言は、それとはまた違った、人間ヒトラーを感じさせるものである。


・喫煙が健康に及ぼす害を知っており、国家を挙げて禁煙運動を推進した(近年、喫煙者がこの点を挙げて、禁煙運動を「ファシズム」だと罵ることがある。勿論、ただのバカのたわごとに過ぎないが。)

・身近な女性には非常に礼儀正しく、丁寧に接した。(総統官邸や山荘でヒトラーの家政婦をしていた女性が失態を犯しても決して怒鳴りつけたり、叱ることはなかったという。)

・犬が好きだった(第一次世界大戦ヒトラーが従軍した際、フクスルと名づけて犬を可愛がっていた。犬が壕から逃げ出し、それを追いかけたとたん、今までいた壕に砲弾が直撃し、命を救われたこともあったという。)。山荘ではジャーマンシェパードをブロンディと名づけて可愛がっており、その姿はカラーフィルムで残されている。

・晩年は菜食主義者で、肉を殆ど口にせず、ハッカ入りのクッキーだけで夕食を済ませることもあったという。また、飲酒を殆どしなかった。

建築オペラ、映画が大好きであった。

・女性に大変モテた(国家社会主義ドイツ労働者党政権をとる以前も、ヒトラーの車列にわざと身を投げ出してケガをし、ヒトラー本人に会うことを画策する女性さえいたほどである。)

・夜型の生活であった

*1:例えば、イラク独裁者サッダーム・フセインヒトラーの著作を愛読し、彼の施政方針やプロパガンダ手法を独自に研究していた。