スマートフォン用の表示で見る

アナトール・ウゴルスキ

音楽

アナトール・ウゴルスキ

あなとーるうごるすき

Anatol Ugorski。ピアニスト旧ソ連出身の1942年生まれ。ソヴィエト時代に西側の現代音楽をレパートリーに取り入れるなどを理由に活動を制限され、1990年ドイツ亡命するまで全く無名で過ごしていた「遅れてきた天才」。経歴にあらわれるように特に現代音楽を得意としており、古典的な作品では「ロマンティックに旋律を歌わせない」というロシア系のピアニストとしては珍しいタイプの演奏家。