アナトール・リトヴァク

映画

アナトール・リトヴァク

あなとーるりとう゛ぁく

Anatole Litvak

映画監督

出身 ロシア(現ウクライナ)、キエフ

生年 1902年5月10日 本名 Michael Anatole Litwak

没年 1974年12月15日

14歳の時、サンクトペテルブルクに出て前衛劇場で俳優としてデビュー。

同地の大学で、哲学と演技を学び、劇団で俳優兼助手となった。

1923年ソ連のノルドキノ撮影所で数本の作品の脚本や美術を担当後、短編『タチアーナ』Tatianaを監督。

同年、ドイツでG・W・パープスト監督の『喜びなき街』(1925)の編集を担当。 後、

1930年、監督デビュー。

ナチス政権樹立と共にフランスに移り、1937年、ハリウッドに移る。

主な監督作:

女人禁制 Nie wieder Liebe (1931)

今宵こそは Das Lied einer Nacht (1932)

最後の戦闘機 L' Équipage (1935)

うたかたの恋 Mayerling(1936)

黄昏 The Sisters (1938)

凡てこの世も天国も All This, and Heaven Too (1940)

栄光の都? City for Conquest (1940)

純愛の誓い This Above All (1942)

私は殺される? Sorry, Wrong Number (1948)

蛇の穴? The Snake Pit (1948)

想い出 Un acte d'amour (1953)

愛情は深い海の如く The Deep Blue Sea (1955)

追想? Anastasia (1956)

旅 The Journey (1959)

さよならをもう一度 Goodbye Again(1961)

将軍たちの夜? The Night of the Generals (1967)

殺意の週末 The Lady in the Car with Glasses and a Gun (1970)

さよならをもう一度 [DVD]

さよならをもう一度 [DVD]