アナハイムの奇跡

スポーツ

アナハイムの奇跡

あなはいむのきせき

2006 World Baseball Classic*1の2次リーグで、

実現困難と思われていた日本代表WBC準決勝進出が、奇跡的に実現したこと。


概要

2006年3月、日本・韓国米国メキシコの4カ国で争われた、WBC2次リーグ1組。

3月16日の米国メキシコ戦を残した時点で、1次リーグから無敗の韓国が、3勝0敗で準決勝進出を決定。

一方、日本は1勝2敗で2次リーグを終えていた。

この時点で1試合を残した米国は1勝1敗、メキシコは0勝2敗であった。


1次リーグでの両チームの対戦では、米国メキシコに勝利しており、2次リーグでも米国の勝利が濃厚であった。

この場合、米国が2勝1敗となり2位で準決勝進出、日本は1勝2敗の3位で、2次リーグで敗退となることが予測された。

しかし、米国メキシコ戦は下馬評を覆して、2−1でメキシコ米国に勝利。

その結果、日本、米国メキシコの3カ国が共に1勝2敗で並んだ。

このように勝率で並んだ場合のWBCでの順位決定は

まず当該国同士の対戦成績で争われるが、この場合ではいずれも1勝1敗であった。

次に当該チーム間での失点率(失点数/守備イニング数)で争われる。

日本、米国メキシコの3カ国間の失点率は

日本5失点(17回2/3)→ 0.283
米国5失点(17回)→ 0.294
メキシコ7失点(18回)→ 0.389

の順となり、最も失点率の低い日本が3カ国の中で上位となった。

この瞬間、1勝2敗ながら2次リーグ2位で日本の準決勝進出が決まった。