アナフィラキシー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

アナフィラキシーショック

あなふぃらきしーしょっく

→ anaphylaxy shock

アレルギーの一種で、以前に曝されたことのある抗原に対して生じる重度の免疫反応のこと。

抗原抗体反応による激しいショック症状を引き起こし、ひどい場合は死に至ることもある。蜂、蛇毒、オニヒトデに刺された時に引き起こされ、食物や薬物でも起こされることも。蜂や毒蛇にさされると人体内に抗体ができるだけだが、2度目に蜂に刺されたり、毒蛇に噛まれると、既に存在する体内の抗体が過剰免疫反応を起こして引き起こされる。

症状

  • 皮膚のかゆみ
  • 浮腫
  • 血管の虚脱
  • 失神
  • 顔面蒼白
  • 失禁
  • 呼吸困難
  • 虚脱症状

数分以内に生命が危険にさらされることも

対応

アナフィラキシーショックをおこした場合は、救急処置が必要で、頭に向かう血液の量を増やすように、頭を低くして両足を上げた姿勢をとらせる。

病院では、エピネフリンの皮下注射、点滴、血圧を上げる薬やステロイド薬の注射などを行なう。