アナベル 死霊館の人形

映画

アナベル 死霊館の人形

あなべるしりょうかんのにんぎょう

Annabelle

スタッフ

  • 監督:ジョン・R・レオネッティ?
  • 製作:ピーター・サフラン?ジェームズ・ワン
  • 製作総指揮:リチャード・ブレナー?、ウォルター・ハマダ?、デイヴ・ノイスタッター?、ハンス・リッター?
  • 脚本:ゲイリー・ドーベルマン?
  • 撮影:ジェームズ・クニースト?
  • プロダクションデザイン:ボブ・ジームビッキー?
  • 編集:トム・エルキンズ?
  • 音楽:ジョセフ・ビシャラ?

キャスト

  • アナベル・ウォーリス?
  • ウォード・ホートン?
  • アルフレ・ウッダード
  • トニー・アメンドーラ?
  • ケリー・オマリー?
  • ブライアン・ホウ?
  • エリック・ラディン?
  • イヴァル・ブロガー?
  • ガブリエル・ベイトマン?

概要

アメリカコネティカット州博物館。「絶対に開けるな!」という不穏な警告が掲げられたガラスケースに保管された人形。それこそが、“史上最も呪われた人形”として実在する〈アナベル〉だ。物言わぬ悪霊の力があまりにも強大なために、今も月に2回、神父の祈祷によって清められているという。

心霊学者によって厳重に封印されてきたアナベルを、一躍世界的に有名にしたのは、全米歴代ホラーランキング第5位というスーパーヒットを記録した『死霊館』だ。実話をもとに描いたこの映画で、アナベルは圧倒的な存在感を放っていた。捨てても逃げても、どこまでも憑いてくるこの人形は、いったい何ものに、どんな呪いをかけられたのか? アナベル誕生の秘密を解き明かす物語を、『死霊館』『ソウ』シリーズのジェイムズ・ワンが禁忌を破って製作。世界各国を極限の恐怖に突き落とすアナベルが、ついに日本に解き放たれる。

(公式サイトより)

大ヒットホラー映画『死霊館』(2013)に登場する実在の人形を題材にした人形アナベルを扱ったスピン・オフ映画。

関連作品

*1:子供に恐怖心を煽る描写がみられるが、親又は保護者の助言・指導があれば、12歳未満の年少者も観覧できます。

*2:Rated R for intense sequences of disturbing violence and terror.