アフォンソ1世

社会

アフォンソ1世

あるふぉんそいっせい

(Afonso I, アフォンソ・エンリケス?、1109年7月25日 - 1185年12月6日)

ポルトガル王国を建国したブルゴーニュ王朝の初代ポルトガル王(在位:1139年 - 1185年)。父はブルゴーニュ家出身のポルトゥカーレ伯エンリケフランス語アンリ、公位を継いだユーグ1世、ウード1世の弟)。母はカスティーリャレオンアルフォンソ6世の庶子テレサ

1112年に父の後を継いでポルトゥカーレ伯になるが、母の摂政下にあった。しかし、1120年に母と対立し、追放される。1122年、アフォンソは14歳で自立し、1128年に母とその愛人ガリシア伯と対戦し、彼らを追放した。さらに、宗主国であるカスティーリャレオン王国と戦い、1129年にポルトゥカーレ公として独立した。

その後、南部イスラム勢力と戦って領土を広げ、1139年7月26日にオーリッケの戦いで大勝を収めると、ポルトガル王を称した。カスティーリャレオンアルフォンソ7世は独立を認めず、アフォンソ1世はアラゴン王国と同盟し、これと戦った。1143年に和平が成立し、ポルトガル王国承認された。