アフリカタテガミヤマアラシ

動植物

アフリカタテガミヤマアラシ

あふりかたてがみやまあらし

[英] African Porcupine / Crested porcupine

[学名] Hystrix cristata

アフリカタテガミヤマアラシは、齧歯目ヤマアラシ科の哺乳類

主に赤道より北のアフリカ大陸などのサバンナや森林、ステップ地帯などに棲息する。

体色は黒色や濃い茶褐色などで、ほかのヤマアラシと同様、特徴のある黒白のまだら模様の体の針は毛が変化したもので、この針は硬くて抜けやすい。

ヤマアラシ科の中でも攻撃性が強い種類で、敵には背中の針を立てて後ろ向きに突進して身を守る。この針に刺された傷がもとで死亡する肉食獣もいる。

主として夜行性で、昼間は地面に掘った巣穴などで休んでいる。

野生での寿命は12〜15年程度、飼育下では20年を超える。