スマートフォン用の表示で見る

アフリカ開発会議

一般

アフリカ開発会議

あふりかかいはつかいぎ

[英] Tokyo International Conference on African Development(TICAD

アフリカ開発会議は、日本政府国連アフリカ担当事務総長特別顧問室(UN-OSAA)、国連開発計画(UNDP)、世界銀行が共催者として共同実施している国際会議。1993年から5年ごとに開催されている。

目的

  1. アフリカ諸国首脳と開発のパートナー間のハイレベルな政策対話を促進し、
  2. アフリカの自助努力による開発イニシアティブのための支援を結集する、

という2つを目的としている。これらの目的は、「オーナーシップ」と「パートナーシップ」という概念に具現化されている。

プロセス

TICAD I

1993年に開催された。会議期間中、共催者は、冷戦終結以降のアフリカへの開発支援の減少傾向に歯止めをかけることを誓った。会議では、アフリカ政治経済改革の遂行、民間セクターの育成、地域協力・地域統合、そしてアフリカ開発にアジアの経験を活かすことを公約した「アフリカ開発に関する東京宣言 (The Tokyo Declaration on African Development)」が採択された。

TICAD II

アフリカ貧困削減と世界経済への統合を基本テーマとして1998年に開催された。同会議はアフリカの開発課題へのコミットメントを新たにし、「東京行動計画(Tokyo Agenda for Action: TAA)」を採択して閉幕した。東京行動計画は、アフリカと開発パートナーの共通目的と目標、行動ためのガイドラインを特定し、TICADプロセスにおける協力の枠組みを定めている。

TICAD III

2003年に開催され、アフリカの社会経済の成長と開発のための構想としてアフリカ連合(AU)より提示された「アフリカ開発のための新パートナーシップ(NEPAD)」をTICADが支援していくことが確約された。TICAD IIIでは、元首・首脳23名を含むアフリカの指導者および国際機関の長20名などハイレベルな参加者が東京に集うた。TICAD IIIは、アフリカ開発に関する最大の国際会議のひとつとして大きく取り上げられた。会議では、アフリカ開発に対する指導者たちのコミットメントを再確認した政治声明「TICAD10周年宣言 (TICAD 10th Anniversary Declaration)」が発表された。

TICAD IV

2008年に横浜で開催され、「横浜宣言」や「横浜行動計画」を採択した。この中では、経済成長の加速化:農業に従事するナイジェリア女性のエンパワーメントミレニアム開発目標MDGs)の達成:ウガンダミレニアム・ビレッジの成功、「人間の安全保障」の確立:マラリアと闘うタンザニアの蚊帳工場、平和の定着:シエラレオネの元兵士、開発のために武器を引き渡す、環境・気候変動問題への対処:ブルキナファソにおけるエネルギー利用の改善といったことが取り上げられた。