スマートフォン用の表示で見る

アブ・シンベル神殿

地理

アブ・シンベル神殿

あぶしんべるしんでん

(Abu Simbel)

エジプト南部スーダンとの国境近くのアブ・シンベルにある神殿遺跡ヌビア遺跡群のひとつ。オリジナルは、砂岩でできた岩山を掘り進める形で作られた岩窟神殿大神殿と小神殿からなる。

1960年代ナイル川アスワン・ハイ・ダム建設計画により、水没の危機にあったが、ユネスコによって、国際的な救済活動が行われた。1964年から1968年の間に、正確に分割されて、約60m上方、ナイル川から210m離れた丘へ、コンクリート製のドームを基盤とする形で移築された。現在ではアスワン・ハイ・ダムの建設によってできた人造湖ナセル湖のほとりにたたずんでいる。この大規模な移設工事がきっかけとなり、遺跡や自然を保護する世界遺産が創設された。アブ・シンベル神殿世界遺産象徴的な遺跡で、文化遺産として登録されている。