アブドーラ・ザ・ブッチャー

スポーツ

アブドーラ・ザ・ブッチャー

あぶどーらざぶっちゃー

[英] Abdullah the Butcher

アブドーラ・ザ・ブッチャー(1941年1月11日 - )は、カナダオンタリオ州ウィンザー出身の元プロレスラー。本名はローレンス・ポール・シュリーブ(Lawrence Paul Shreve)、一般にはラリー・シュリーブ(Larry Shreve)。

ネイティブ・アメリカンの父親とアフリカ系アメリカ人の母親の間に生まれる。なお、専門誌やプロレス団体パンフレットではスーダン出身と称されているが、実際には母方の祖父がスーダンに住んでいたことがあるだけである。

ニックネームは「黒い呪術師」。入場テーマ曲はピンク・フロイドの『吹けよ風、呼べよ嵐』。

プロレス界を代表する悪役レスラーの一人。来日回数は140を超えており、歴代外国人レスラー最多である。

2012年1月2日、全日本プロレス『新春シャイニング・シリーズ』開幕戦において、現役引退を表明した。

アトランタでは飲食店を経営している。

リスト::プロレスラー