スマートフォン用の表示で見る

アプリ開発会社

コンピュータ

アプリ開発会社

あぷりかいはつかいしゃ

法人からの依頼を請け負ってスマートフォン向けアプリを開発する企業のことをいう。

フルオーダー式

アプリ開発会社では、企業からの依頼を聞き、フルオーダーで作成するようなパターンがある。これは多くのシステム開発会社やウェブ制作会社が行っており、フルオーダーである分細部もこだわって開発できるが、データベースと連携するとそれに関わるメンバーや期間が増えていくため、開発費用は1,000万円以上超えることもよくある。

セミオーダー式

予めアプリ機能をモジュールサンプルとして作っておき、それらを活用しながら自社独自の機能はカスタマイズしていくセミオーダーのパターンがある。「ModuleApps」はその代表例だが、パターンオーダー式企業もサービスの上位版として提供している。サンプルを活用する分、そこに費やす予算が削減できるため、フルオーダーより安く開発できる。開発費用は100〜500万円くらい。

パターンオーダー式

全ての機能をモジュールサンプルとして提供するため、開発期間は短く、予算も安く開発できる。サービスによってはABテストを行って、不要な機能を入れ替えることも可能である。「GMOアップカプセル」や「Yappli」、「UP Link」などが典型例。開発費用は無料からあるが、大規模になるとヒアリング後、見積もりを出すケースもある。

機能提供

プッシュ通知や決済機能、スタンプ機能、会員証機能、ログ解析機能など、アプリ機能の一部を提供するASPサービスのこと。アプリ開発企業がその機能を開発すると期間や費用がかかると判断した場合、特定の機能をASPとして導入して公式アプリを開発する。「popinfo」や「Growth Push」、「WebPay」「AppsFliyer」などがその典型例。