スマートフォン用の表示で見る

アプレゲール

一般

アプレゲール

あぷれげーる

【après-guerre】(フランス語で「戦後(派)」の意)

  1. 第一次世界大戦後のフランスに興った、既成の価値観にとらわれないことを特徴とする文学・芸術上の運動。ダダイズムシュールレアリスムなどの潮流はここから生まれた。
  2. 転じて、第二次世界大戦の終結から間もない頃の日本で、戦前からの価値観が崩壊したことに伴う風潮、特に当時の若者の無軌道を指してこのように呼んだ。この意味では単に「アプレ」とも。