アペル

若若茖

2篁

アート

アペル

あぺる

カレル・アペル(1921一)オランダの画家。〈オランダ実験グループ〉の創設者の1人、ついでコブラに参加。その画風は、自由な形態と色彩を暴力的に表現したもので、大人の理性を持たない子供の「自由奔放性」を追求した。アペルはコブラの活動のなかでもその後も、絵画、彫刻、陶芸など様々な手段を用いた多くの共同製作を行い、また、アムステルダム市役所食堂の壁画(1947年)、住人と協力して作ったペルーのスラムの壁画(76年)、などの大作も手がけている。「ユネスコ・ホールのアペル」というのは、1958年11月にパリ7区のフォントノワ広場に完成したユネスコ本部のホールにこうした壁画を描いたアペルのことと思われる。米国ブロイアー、フランスのゼルフスイタリアのネルビの3建築家の設計によるこのユネスコ本部の建物は、50年代の機能主義の典型のような建築物で、内装には、ピカソ、ルフィーノ・タマヨ、ヘンリー・ムーア、ミロらの現代美術がいたるところに配された。

アペル

あぺる

日本の製パンメーカー。株式会社フランソアの関連会社。かつてはキリンのキャラクターと「りょうゆう」のブランド名で販売していたが、1998年から「アペル(Apelle)」のブランド名でパンを販売している。九州山口県を中心に営業を行っている。長崎県佐世保市に本社がある。

1951年3月に杵島製パン株式会社として会社設立。1963年に糧友食品株式会社に社名変更1990年西日本製パン株式会社、株式会社フランソアと3社合併をし消滅会社となり、新たに販売部門を分離して糧友食品株式会社を設立。2003年に現在の社名になった。