アボルファズル・ジャリリ

映画

アボルファズル・ジャリリ

あぼるふぁずるじゃりり

(Abolfazl Jalili)

 1957年イラン中央部のサヴェーに生まれる。少年時代をテヘランで過ごし、13歳で自分が描いた絵や書を売り生計を立てる。70年代から8ミリ自主映画の製作を始め、テヘランの映画クラブに参加するが、教室で映画を理論的に学ぶという授業の退屈さにうんざりし、1ヶ月で辞めてしまう。その後、79年イランテレビ(I.R.I.B.)に入社。「私は誰かに教わることなしに自分流の映画製作法を身につけた」と本人が語るように、この間に手がけた短編ドキュメンタリーや短編劇映画を通じて独自の手法を模索する。 83年、初の長編映画“Milad”を、85年に『スプリング−春へ』を発表。87年の第3 作『かさぶた』で映画作家として内外で注目を集める。しかし、過酷な状況下にある子供たちを“ドキュ・ドラマ”と称されるスタイルで描くことが、常に論争を引き起こし、本国イランでは作品のほとんどが上映禁止となってしまう。90年製作の“Dorna”は製作中に撮影禁止命令が出され、92年製作の『ダンス・オブ・ダスト』は、98年になるまで海外の映画祭に出すことすら許されていなかった。このことが、彼の国際的評価を遅らせる要因となった。しかし、95年に『7本のキャンドル』がヴェネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞を受賞したのを皮切りに、『トゥルー・ストーリー』が96年のナント三大陸映画祭でグランプリを受賞、98年には、『ぼくは歩いてゆく』がサン・セバスチャン国際映画祭で審査員賞を受賞する。重ねて同年『ダンス・オブ・ダスト』がロカルノ国際映画祭の銀豹賞をはじめ、各国の映画祭で様々な賞を受賞、また、モフセン・マフマルバフ、ナセール・タグヴァイと競作したオムニバス映画『キシュ島の物語』は99年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された。ロッテルダム国際映画祭においては早くも回顧上映が組まれるなど、今まさに、世界的に注目されている監督のひとりである。本年、日本のオフィス北野他の出資による最新作『少年と砂漠のカフェ』(原題「デルバラン」)を完成させ、ロカルノ国際映画祭において、準グランプリにあたる審査員特別賞の他、三冠を受賞した。