スマートフォン用の表示で見る

アマチュア無線

サイエンス

アマチュア無線

あまちゅあむせん

一般的な意義

 一般人が無線通信に関する技術全般について研究して楽しむ趣味。

公式な定義

 アマチュア業務:金銭上の利益のためでなく、専ら個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務(電波法施行規則第3条第1項第15号)

現状

 アマチュア無線を楽しむ人々は世界各地に広く存在するが、日本はアマチュア無線を楽しむ人々が世界で最も多い国であり、平成18年3月現在、約55万局に及ぶアマチュア無線局が日本各地に存在している。

資格区分

 アマチュア無線を楽しむには資格が必要であり、その資格の区分は

と分けられ、それぞれの資格に応じて操作可能な範囲が異なる。2級以上の試験にはモールス信号の受信試験があり、筆記だけでは合格は無理である。3級は法規の筆記試験の中でモールス符号の知識が問われる。