スマートフォン用の表示で見る

アマラとカマラ

一般

アマラとカマラ

あまらとかまら

インドで発見された、狼に育てられたという姉妹。

ただし、その実体に関しては疑義も持たれている。(情報が「狼のように木に登り」「狼のように夜には目が光り」「膝をついた状態で、狼と一緒の速度で走った」とあるなど)

オオカミに育てられた少女”は実在したか(国際学院埼玉短期大学 研究紀要)

http://www.kgef.ac.jp/ksjc/kiyo/910170k.htm

日本では「アマラとカマラ」という言い方がよくされているが、欧米では「カマラとアマラ (Kamala and Amala)」という言い方の方が一般的。