スマートフォン用の表示で見る

アメデオ・モディリアーニ

アート

アメデオ・モディリアーニ

あめでおもでぃりあーに

Amedeo Modigliani

1884年7月12日 - 1920年1月24日


20世紀初頭に活動した画家・彫刻家で、イタリア出身だが、おもにパリで制作活動を行った。

1884年、イタリアトスカーナ地方のリヴォルノに生まれた、ユダヤ系のイタリア人である。モンパルナスで活躍した、エコール・ド・パリ(パリ派)の画家の一人に数えられる。

モディリアーニイタリアベニスアカデミーを卒業後1906年、パリへ移住した。1907年と1912年にはサロン・ドートンヌ、1908年1910年1911年の各年にはアンデパンダン展に出品している。1915年頃まではアフリカの民族美術に影響を受けた彫刻作品を主に作っていた。1914年、著名な画商ポール・ギヨームと知り合い、ギヨームや友人のマックス・ジャコブの勧めもあって1915年頃から絵画に専念し始める。絵画の代表作の大部分は1916年から1919年の間に集中して制作されている。モディリアーニ絵画のほとんどは肖像画で、顔と首が異様に長く、目には瞳を描き込まないことが多いなど、特異な表現をとっているが、それが不自然さをあまり感じさせないのは不思議である。

1917年にはベルト・ヴァイル画廊にて、生前唯一の個展を開催した。同じ年、後に妻となり、裸婦像などのモデルを務めたジャンヌ・エビュテルヌと知り合っている。貧困と持病の肺結核に苦しみ、大量の飲酒、薬物使用などの不摂生の末、36歳で没した。

モディリアーニの生涯は半ば伝説化しており、映画化もされている