スマートフォン用の表示で見る

アメフラシ

動植物

アメフラシ

あめふらし

巻貝の仲間。*1

驚くと紫色の色素*2を吐き出し、その様が空を覆う雨雲に似ていたことから(アメフラシ)という名前がついたとされる。

ウミウシと同様に神経細胞が大きく見やすいため、解剖用に大学の理学部等で養殖されていることもある。

関連語 リスト::動物

*1:体外の貝はウミウシ等と同様に退化してしまったが、アメフラシの体内には退化した貝がらが残っている場合がある。

*2:この紫色の色素は古くは染料にも使われていた。