スマートフォン用の表示で見る

アラン・プロスト

スポーツ

アラン・プロスト

あらんぷろすと

F1ドライバー

1985年 1986年 1989年 1993年チャンピオン

国籍フランス

生年月日:1955年2月24日

クレバーな走りで『プロフェッサー』の二つ名を持っていた。マクラーレンからデビューし、以降ルノーマクラーレンフェラーリ、一年の休養をはさんでウィリアムズと渡り歩いた。

1988年はマクラーレンホンダアイルトン・セナと組んで16戦15勝の大記録を打ち立てたが、翌89年はシーズン序盤の紳士協定を巡るトラブルが発端となって、セナとは犬猿の仲に。この年のワールドチャンピオンは獲得したものの、それは日本グランプリの47周目にシケインでセナと接触(プロストはリタイヤ、セナはシケイン不通過のため失格)して得たものだった。翌90年の日本グランプリでは第1コーナーでセナがプロストに突っ込み、このときは相討ちでセナにワールドチャンピオンを奪取されている。

1991年のシーズン中にフェラーリ解雇され、1年のブランクを経て1993年ウィリアムズから復帰し、4度目のワールドチャンピオンを手土産に引退した。

その後解説者、マクラーレンのスタッフを経て、1997年リジェを買収したが、チーム運営がうまくいかず、2001年に破産・清算させてしまう。

現在、彼の打ち立てた記録はことごとくミハエル・シューマッハに破られ、また、世渡り下手な一面もみせてしまっていたものの、今後も記録と記憶に残るレーサーとして語り継がれていくのは間違いないだろう。

リスト::F1

リスト::カーレーサー