アラン・ライトマン

読書

アラン・ライトマン

あらんらいとまん

1948年、テネシー州メンフィス生まれ。物理学者小説家

プリンストン大学カリフォルニア工科大学を卒業。「グランタ」「ザ・ニューヨーカー」「ニューヨーク・レヴュー・オブ・ブックス」などで執筆。

物理学者として名を成したのち、1993年『アインシュタインの夢』(早川書房)で作家デビュー。全世界で絶賛され、ベストセラーになった。

その後、Good Benito、『宇宙と踊る』(早川書房)を書き、2000年発表の『診断』は新境地を拓いた作品として注目されて講評を博し、全米図書賞の最終候補作になった。

現在はボストン在住。マサチューセッツ工科大学物理学と創作講座の教授の職にある。