アリウス派

一般

アリウス派

ありうすは

Arianism

古代キリスト教の教派の1つ。アレキサンドリア司祭のアレイオスの教説を信奉する教派である。父と子は異質であると唯一神教を主張したが、325年の第1ニカイア公会議で同質とする三位一体論(アタナシウス派)に敗北し異端とされた。その後、ゲルマン人への伝道されたが後に消滅した。