映画

アリラン

ありらん

キム・ギドク監督・脚本・出演による2011年韓国ドキュメンタリー映画。2008年の『悲夢』以降、沈黙していたギドクの3年間を映している。タイトルは同名の朝鮮民謡から来ている。