アルコール駆動開発

コンピュータ

アルコール駆動開発

あるこーるくどうかいはつ

アルコールを摂取しながらコードを書くこと。Alcohol-Driven Development。

プログラム開発手法の一種で、プログラムに必要な各機能について、最初にアルコールを飲み(これをアルコールファーストと言う)、酔いが発動する必要最低限な飲酒をとりあえず行った後、コードを洗練させる、という短い工程を繰り返すスタイルである。