スマートフォン用の表示で見る

アルジェリア戦争

社会

アルジェリア戦争

あるじぇりあせんそう

(英:Algerian War,仏:Guerre d'Algérie)

1954年から1962年にかけて行われたフランス統治に対するアルジェリア独立戦争。フランス本土と当時はフランス領であったアルジェリアの内戦であると同時に、アルジェリア地域内でフランス本国と同等の権利を与えられていたコロンと呼ばれるヨーロッパ系入植者と、対照的に抑圧されていたベルベル人やアラブ系住民などの先住民(indigene,アンディジェーヌ)との民族紛争及び親仏派と反仏派の先住民同士の紛争、かつフランス軍部とパリ中央政府との内戦でもある。

フランス政府では公式には戦争として認定されず、「アルジェリア事変」(évènements d'Algérie)や、「北アフリカにおける秩序維持作戦」と呼称されていたが、1999年10月になり法改正され正式にアルジェリア戦争(Guerre d'Algérie)と記される様になった。