アルス・エレクトロニカ

アート

アルス・エレクトロニカ

あるすえれくとろにか

Ars ElectronicaArs Electronica Festival

毎年オーストリア地方都市であるリンツで行なわれているメディアアートに関するフェスティバル。

アルス・エレクトロニカ・センター」を中心に、リンツ内の様々なロケーションで同時多発的に開催する。

2012年度は8月30〜9月3日まで。

概要

フェスティバルでは毎年あるテーマに沿った作品をキュレーティングしている。

すべての作品のなかで、「アルス・エレクトロニカ賞」(Prix Ars Electronica)をメディアアートに革新的な発想をもたらしたものに授与される。

開催場所はメディアセンターや美術館・博物館としての機能を持つ「Ars Electronica Center」、美術館である「LENTOS」、「BRUCKNERHAUS」、「OK」など。

近年のテーマ

  • 2000年:『ネクスト・セックス - 生殖力のある余剰物の時代の性』(NEXT SEX - Sex in the Age of its Procreative Superfluousness)
  • 2001年:『乗っ取り - 明日の芸術をするのは誰か』('Takeover' - Who's doing the art of tomorrow)
  • 2002年:『アンプラグド - 地球規模の衝突の情景としての芸術』('Unplugged' - Art as the Scene of Global Conflicts)
  • 2003年:『コード - 私たちの時代の言語』('Code' - The Language of Our Time)
  • 2004年:『タイムシフト - 25年後の世界』('Timeshift - The World in 25 Years')
  • 2005年:『ハイブリッド - パラドックスを生きる』('HYBRID - Living in a paradox')
  • 2006年:『シンプリシティ - 複雑さの芸術』('SIMPLICITY - the art of complexity')
  • 2007年:『グッバイプライバシー - すばらしい新世界へようこそ』 (GOODBYE PRIVACY – Welcome to the Brave New World!)
  • 2008年:『新しい文化経済 - 知的財産権の限界』(A New Cultural Economy - The Limits of Intellectual Property)
  • 2009年:『人間性 - 人類世』(HUMAN NATURE - The Anthropocene)
  • 2010年:『修復 - 生命線を引く準備』 (REPAIR - ready to pull the lifeline)
  • 2011年:『起源 - すべてはどのようにして始まったのか』(ORIGIN - How it all begins)
  • 2012年:『鳥瞰図 - 新世界のための新しい概念』(THE BIG PICTURE - New Concepts for a New World)

参加方法

フェスティバルに参加するには、以下のパスを買う必要がある。

種類料金(大人)料金(割引)*1
Festivalpass(全イベントに参加できる)€130(約13000円)€90(約9000円)
One-day pass(1日券)€45(約4500円)€33(約3300円)
Individual events(1つのイベントのみ)€12 - €27(約1200円〜2700円)*2€10 - €12(約1000円〜1200円)
Additional Events€27 - €39(約2700円〜3900円)€22 - €27(約2200円〜2700円)

その他

書籍

Origin: Wie Alles Beginnt / Ars Electronica 2011

Origin: Wie Alles Beginnt / Ars Electronica 2011

The Big Picture: New Concepts for a New World (Ars Electronica)

The Big Picture: New Concepts for a New World (Ars Electronica)

*1:幼児、実習生(?)、26歳までの学生(日本の学生の場合『国際学生証』が必要。)、60歳以上のシニア

*2:€27は「OK」からのイベント『Neuland』の参加料、交通費の料金。