アルチンボルド

アート

アルチンボルド

あるちんぼるど

●1527?〜1593年、イタリアミラノ出身の画家。

●自然の珍奇な動植物などを組み合わせて描くな二重イメージのグロテスクな画法で注目を浴び、1562年から神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世*1に雇われ、プラハの宮廷画家となった。

●このスポンサーのお陰で、当時さかんとなり始めた博物学に便乗し、世界各地の珍品コレクションも行った。

●これらの成果で宮廷の人気を博すると共に、後の画家たち;アタナシウス・キルヒャーやハンス・マイヤー、ヨース・ド・モンペール、マテウス・メリアン、マルクス・ヘーラールツ、ジャン=バティスト・ドゥヴレ、そして20世紀初めのシュールレアリスト達(特にサルバドール・ダリマックス・エルンスト)に大いに参考にされた。

記号学の大家;ロラン・バルトも大いに論じている。

チェコの著名な写実アニメ映画監督;ヤン・シュワンクマイエルも随分影響を受け、そのオマージュ作品をたくさん発表している。

*1:→政治や宗教にあまり関心を示さず錬金術占星術博物学マニエリスム美術収集に傾倒した変り者のハプスブルグ家の皇帝、1552年〜1612年