スマートフォン用の表示で見る

アルティミシア

ゲーム

アルティミシア

あるてぃみしあ

FINAL FANTASY VIII」に登場するキャラクターで、同作最終ボス。

遥かな未来世界を支配している魔女。アルティミシア城で待ち受けている。

バトル

アルティミシアとの戦闘は、大きく以下の4段階にわかれている。

パーティメンバーはランダムに決定。なお、戦闘時に戦闘不能になったパーティメンバーは、すぐに「レイズ」「フェニックスの尾」で復活されないと時間の流れに吸い込まれて、次のパーティメンバーに交代する。

なお、こちらがG.F.や魔法をジャンクションすると強制的に解除される。

第1形態

アルティミシア本来の姿。

魔女だけに、攻撃はほとんどが魔法。「バイオ」「メルトン」「ブリザガ」「サンダガ」「ファイガ」「トルネド」「ホーリー」「クエイク」「デスペル」「ダブル」「ストップ」「メイルシュトローム」を使用する。また、味方側全員にリフレクがかかっているときは「真空波」を使用する。

グリーヴァ

第1形態を倒すと、G.F.としてグリーヴァが召喚される。

通常攻撃と、「グラビジャ」「フレア」「死の宣告」「ペイン」「デスペル」「トリプル」「ドロー」を使用する。一定ターン数が経過した時と、グリーヴァのHPが0になったときに「ショックウェーブパルサー」を放ってくる。

第2形態

アルティミシアグリフォンジャンクションした形態。

通常攻撃と「トルネド」「クエイク」「ホーリー」「メテオ」「アルテマ」「デスペル」を使う。ヘリックスを召喚することがあり、ヘリックスが2体いるときは「グレート・アトラクター」を使用する。体力が減ってくると下半身がとれて素早くなる。倒すと最終形態に移行。

最終形態

すべての時間と空間を取り込むために異形のものと化したもの。冒頭のセリフからして、アルティミシアとしての自我は失われているようだ。

フレア」「ホーリー」「メテオ」「アルテマ」「リフレク」「デスペル」と、専用技「ヘル・ジャッジメント」(味方全員の残りHPを1にする)を使用。体力が減ってくると本体だけでなく、下の部分の魔力発生ポイントが攻撃できるようになり、相手の攻撃パターンは「ドロー アポカリプス」→「アポカリプス」が加わる。倒すとHP100で数度復活する。

DISSIDIA FINAL FANTASY」シリーズにも登場。CV田中敦子

年齢を気にしている一面があり、クジャやティファに「おばさん」呼ばわりされたり、バッツやケフカに「時間使って若返るのか?」と言われたり、ヴァンに「あんたって何歳?」と問いかけられて不機嫌になったり、注意する程。