スマートフォン用の表示で見る

アルテ高崎

スポーツ

アルテ高崎

あるてたかさき

群馬県高崎市を本拠地とするサッカークラブ日本フットボールリーグJFL)に所属していた。

1996年に創設された「マッキーFC」が母体。2000年に「群馬FCフォルトナ」として再結成し、2001年途中に「群馬FCホリコシ」と改称した。

2003年、関東サッカーリーグ1部優勝。全国地域リーグ決勝大会では2位に入り、同大会で優勝した同じ群馬県を拠点とするザスパ草津とともにJFL昇格を果たす。

2005年、「FCホリコシ」と改称。

2006年、チーム名を「アルテ高崎」に改称。愛称の「アルテ」とはポルトガル語で「見ていて楽しい」を意味し、またギリシャ神話の狩りの女神「アルテミス」も組み合わせている。このチーム名は800通近い公募の中から選んだ。

2011年シーズンを最後にJFLを退会、活動を休止した。