アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女

ゲーム

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女

あるとねりこせかいのおわりでうたいつづけるしょうじょ

少年は少女を護り 少女は少年のために詩を奏でる―。

バンプレスト(現・バンダイナムコゲームス)より2006年1月26日に発売されたプレイステーション2RPG

アルトネリコ」シリーズの第1作。バンプレストガストの共同開発。キャラクターデザインは凪良。主題歌は志方あきこ「謳う丘」。

ゲーム以外にもコミックやOVA、音楽CD等の様々なメディアミックス展開がされている。


続編「アルトネリコ2 世界に響く少女たちの創造詩‎」「アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く」がある。

特徴

独自言語「ヒュムノス」によって歌われている音楽を多数収録。

アトリエシリーズからの調合システム「グラスメルク」。

レーヴァテイルの精神世界への「ダイブシステム」。

詩魔法を中心とした、前衛3人レーヴァテイル1人によるコマンド式戦闘システム。

メインキャラクター