スマートフォン用の表示で見る

アルナ車両

一般

アルナ車両

あるなしゃりょう

アルナ車両株式会社は、阪急電鉄株式会社 正雀工場 内に事業所を置く、阪急阪神ホールディングスグループの軌道線用車両製造メーカー。

源流は1947年設立された鉄道車両製造メーカー「ナニワ工機」。のち、1970年社名変更して「アルナ工機」となる。

2002年にアルナ工機は鉄道車両製造からは撤退、精算会社となった。当初は鉄道車両だけでなく路面電車製造からの撤退も検討されていたが、東京都交通局都電)などかつてからの取引先も多く、路面電車の製造継続が望まれたことから、以後、路面電車製造事業をアルナ工機から分社化したアルナ車両へ引き継ぎ、現在に至る。

なお現在も、路面電車にとどまらず、日立製作所で製造された阪急の車両の艤装をはじめ、津覇車輌とともに東武鉄道の車輌の改修作業も手がけている(車内の銘板には当社と津覇車輌の連記となっている)。

前身の「アルナ工機」については「keyword:アルナ工機」も参照。

*1ドイツシーメンス社とアルナ車両の共同開発の扱い