スマートフォン用の表示で見る

アルバート・プホルス

スポーツ

アルバート・プホルス

あるばーとぷほるす

Jose Alberto Pujols

通称「Prince」「Phat Albert」「The Machine」。


MLB選手。

右投右打、ポジションは一塁手背番号は5番。


1980年1月16日生まれ。ドミニカ共和国サントドミンゴ出身。

1999年、ドラフト13位でセントルイス・カージナルスに入団。

2001年、メジャー昇格。

同年、打率.329、192安打、37本塁打、130打点を記録し、ナ・リーグ新人王を獲得。

2003年、打率.359を記録し、ナ・リーグ首位打者を獲得。

2005年、ナ・リーグMVPを受賞。

スラッガーとして6年連続で打率.300・30本塁打・100打点・100得点を記録。


2006年、WBCドミニカ共和国代表に選出。

同年、打率.331・49本塁打・137打点を記録し、ワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。

バリー・ボンズが持つ年間最多本塁打記録を塗り替える可能性がある打者として米メディアから賞賛されている。


日本語の表記は定まっておらず、「プホルツ」「プーホールス」の場合もある。