アルバコア

一般

アルバコア

あるばこあ

アメリカ海軍潜水艦SS-218。

ガトー級潜水艦の7番艦で、艦名である「アルバコア」はマグロの一種ビンナガマグロに因む。

1942年2月17日、コネチカット州エレクトリック・ボート社にて進水、同年6月1日就役。

全長95.2m、水中排水量2460t。3インチ砲一基、21インチ魚雷発射管10門を搭載。スペック上では普通の潜水艦であったが、数々の日本軍艦船を葬った潜水艦として知られている。

戦果

1942年12月18日、マダン沖で軽巡洋艦天龍」を撃沈。

1943年2月20日、パラオのマヌス島沖で駆逐艦大潮」を撃沈。

1944年1月14日、パラオ諸島東方において駆逐艦「漣」を撃沈。

1944年6月19日、マリアナ海戦において初陣を飾った空母大鳳」を撃沈。

1944年11月7日、日本沿岸、津軽海峡付近で触雷、沈没。

計11隻の日本艦船を撃沈しており、9個の従軍星章、殊勲部隊章を受章している。