アルベルト・アスカリ

アルベルト・アスカリ

(スポーツ)
あるべるとあすかり

元F1ドライバー。イタリア・ミラノ出身。1918年7月13日生、1955年5月26日没。
1952年、1953年のF1世界王者。フェラーリに初のタイトルをもたらしたドライバーで、最後のイタリア人チャンピオン。F1ではフェラーリ、マセラッティ、ランチアに所属し、1955年に事故死するまでに合計13勝(出走回数:32)を挙げた。
モナコでマシンごと海にダイブしたアクシデントは殊に有名。1952年から1953年にかけて記録した連勝記録(9連勝)は未だ破られていない。

* リスト::カーレーサー

新着ブログ: アルベルト・アスカリ