スマートフォン用の表示で見る

アルマ望遠鏡

サイエンス

アルマ望遠鏡

あるまぼうえんきょう

パラボラアンテナ66台を組み合わせた干渉計方式の巨大電波望遠鏡

チリ共和国北部、アタカマ砂漠標高約5000メートルの高原に位置する。

  • ALMA(Atacama Large Millimeter/submillimeter Array)
  • アタカマ大型ミリ波サブミリ波干渉計

概要

略称であるアルマ(ALMA)はスペイン語で「魂」や「心」を意味する。

東アジア(代表は国立天文台)、北米連合(代表は米国国立電波天文台)、ヨーロッパ連合(代表はヨーロッパ天天文台)の国際共同プロジェクト。

天体を高い分解能で細かく観測でき、すばる望遠鏡ハッブル宇宙望遠鏡の約10倍の性能を誇る。

2002年から建設が始まり、2011年9月30日*1運用を開始した。

銀河惑星がどのように作られてきたのか?」「生命の起源となるような物質が宇宙に存在するのか?」という謎を解明できるのではないかと期待されている。

Page Not Found - アルマ望遠鏡

*1:現地時間