アレクサンダー・ガヴリリュク

音楽

アレクサンダー・ガヴリリュク

あれくさんだーがぶりりゅく

ピアニスト1984年8月ウクライナのハリコフ生まれ。

7歳よりピアノをはじめ、ヴィクトル・マカロフに師事。

1998年オーストラリアシドニーに移住。

国内外での演奏経験も豊富で、これまでにアメリカイスラエル中国韓国台北オーストラリアなどで演奏会を行っている。日本では、2001年6月にツアーを行った。

2002年に交通事故で重傷を負い生死の境をさまようも、奇跡的に回復。

2006年1月から2月にかけて日本ツアーを行った。

ホロヴィッツ的なヴィルトゥオーゾを見事に再現する若手の俊英。

●賞歴

1999年ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクール第1位

オーストラリアピアノコンクール第1位

2000年11月第4回浜松国際ピアノコンクール 審査員満場一致で第1位。

スタインウェイ・アーティスト認定。

2005年4月 アルトゥール・ルービンシュタイン国際コンクール優勝。

●レコーディング

2000年オーストラリアにてSBSユース・オーケストラモーツァルトピアノ協奏曲第23番(K.488)を収録。

トライエムより「ガブリリュク/月光ソナタ」、2003年10月に「ピアニズム」がリリース。

ピアニスト中村紘子氏は彼を、“信じられないほどの完成度で、超絶技巧だけでなく、つややかでロマンティックな音楽性をもつ「20世紀後半最高の16歳」”と評している。