アレクサンダー・ハミルトン

社会

アレクサンダー・ハミルトン

あれくさんだーはみるとん

[英] Alexander Hamilton

アレクサンダーハミルトン(1755年1月11日 - 1804年7月12日)は、アメリカ合衆国の軍人、政治家憲法思想家哲学者であり、アメリカ合衆国建国の父の1人とされる。

独立戦争の際には総司令官ジョージ・ワシントンの副官(砲兵将校陸軍中佐)を務めた。

1787年のフィラデルフィア憲法起草会議の発案者で、アメリカ合衆国憲法の実際の起草者。違憲立法審査権の制度の理論は、ハミルトンによる。

アメリカ合衆国の初代財務長官(在任:1789年9月11日 - 1795年1月31日)を務め、現在のアメリカ合衆国の10ドル紙幣の肖像にもなっている。

1804年、元上院議員のアーロン・バーとの決闘で死去。