アレクサンダー大塚

スポーツ

アレクサンダー大塚

あれくさんだーおおつか

プロレスラー格闘家

1971年7月17日生まれ。徳島県徳島市出身。

182cm、92kg。

バトラーツからフリーを経て、AO/DC所属。

愛読書は『1.2の三四郎』。

リングネームアレクサンダーアレクサンダー・カレリンに由来する。

1993年サラリーマン生活にピリオドを打ち、藤原組に入門。

1995年VS米山サトシ(現モハメド ヨネ)戦でデビュー。

格闘探偵団バトラーツ」旗揚げに参加。

1998年にPRIDE初参戦。PRIDE4でリング組み立ての仕事をした後、試合に出場し、マルコ・ファス?に快勝するという大金星を挙げて、一躍ヒーローに。

リングスUFO新日本プロレスZERO-ONEと様々な団体で活躍。

「リアル1.2の三四郎」と呼ばれている。

2001年、バトラーツZERO-ONEの火祭りドタキャン事件を起こし、バトラーツが活動停止し退団。

その後目立った活躍がなく、再起を待つファンは多い。


リスト::プロレスラー