アレッサンドロ・デルピエロ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

アレッサンドロ・デル・ピエロ

あれっさんどろでるぴえろ

Alessandro Del Piero

イタリア代表歴のあるサッカー選手

プロフィール

フルネーム : Alessandro Del Piero

生年月日 : 1974年11月9日

出身地 : Conegliano, Provincia di Treviso, Regione del Veneto (コネリアーノ?トレヴィーゾ県ヴェネト州

身長・体重 : 173cm・73kg

ポジション : フォワード

所属クラブ

1991〜93 : カルチョ・パドヴァ

1993〜12 : ユヴェントスFC  ※2012年7月1日に退団

2012〜 : シドニーFCオーストラリア)  ※2012年9月5日に契約

経歴・プレースタイルなど

1991年カルチョ・パドヴァでキャリアを開始し、1993年ユヴェントスに移籍。当時エースだったロベルト・バッジョがケガで戦線を離れたときに穴を埋める活躍をし、翌シーズンにロベルト・バッジョACミランに追いやる活躍を見せ、1995-1996シーズンにはビッグイヤー制覇を成し遂げる。爆発的な得点力、華麗な技術で1990年代後半のユヴェントスを牽引、そのボールタッチは画家・ピントゥリッキオに例えられている。

ゴールエリアの左45度からのシュートが特に決まりやすいため、この場所は「デル・ピエロゾーン」と呼ばれている。1996年のインターコンチネンタルカップ / トヨタカップでもこの場所から放ったシュートが決勝点となっている。

1998年UEFAチャンピオンズリーグでケガをしFIFAワールドカップフランス大会で思うような活躍がならず、2000年UEFA欧州選手権でも絶好調とはいえず、2002年FIFAワールドカップでは 「フランチェスコ・トッティデル・ピエロを両立させない」 というジョバンニ・トラパットーニ監督の方針でW杯予選ではフィリッポ・インザーギに次ぐ5ゴールを記録したが、本大会ではメキシコ戦の1ゴールのみに終わった。

2002-03シーズンは16ゴールと完全に立ち直った活躍でスクデットチャンピオンズリーグ決勝進出に貢献した。2004年UEFA欧州選手権は怪我や起用法の問題で活躍できなかったが、2006年FIFAワールドカップでは準決勝のドイツ戦に途中出場してゴールを決めるなど、アズーリの4回目のW杯優勝に貢献した。2008年UEFA欧州選手権にも出場した。

2006年に発覚した八百長事件ではユヴェントスセリエBに降格。デル・ピエロの去就が注目されたが真っ先に残留を表明した。2006-07シーズンはセリエB得点王に輝き、1シーズンでセリエA昇格を果たした。さらに2007-08シーズンには21得点を挙げてセリエA得点王を獲得し、パオロ・ロッシ以来、史上2人目となるセリエBセリエA連続得点王の快挙を成し遂げた。

2011-12シーズンを最後にユヴェントスを退団し、2012年9月5日、2年契約でオーストラリアシドニーFCに加入した。


リスト::サッカー選手