スマートフォン用の表示で見る

アレロパシー

一般

アレロパシー

あれろぱしい

他感作用。植物相互間(微生物を含む)の化学物質を介した関わり合いのこと。植物が生産する化学物質が環境に放出されることにより、他植物に直接又は間接的に与える作用のこと。植物や微生物の生育を阻害したり、また促進したりすることなども含まれる。例えば、針葉樹の周りに下草が生えないのは、種子の発芽阻害物質が、落葉に含まれていることによるとされる。アレロパシーを有する植物としては、マツ、ソバ、ヨモギセイタカアワダチソウ、クルミなどがよく知られている。

1937年ドイツ植物学者ハンス・モーリッシュにより提唱。

 農業分野において、アレロパシーの活用法として草で草を退治することが研究されている。特定の雑草のみを抑制し、作物に害を与えない雑草防除法は、除草剤使用による処置に比べて効果は少ないが環境に与える影響が少ない「エコロジー面」で利点がある。