スマートフォン用の表示で見る

アロー号事件

社会

アロー号事件

あろーごうじけん

1857年から1860年にかけて清とイギリスフランス連合軍との間で起こった戦争の名称。


最終的に北京条約で終結し、清の半植民地化が決定的なものとなった。きっかけとなった事件から、単にアロー号事件や、阿片戦争に続くという形で第二次アヘン戦争(英:Second Opium War)とも呼ぶ。