スマートフォン用の表示で見る

アロマテラピー

一般

アロマテラピー

あろまてらぴー

Aromatherapy 「アロマセラピー」と同義。

日本語では、「芳香療法」と訳されている香りを使用した治療法。

精油エッセンシャルオイル)を構成する芳香成分(芳香分子)の持つ薬理作用を利用し、心身の疾病の予防や治療を行う。医療的なアロマセラピーは、精油を使用したものに限定される。又、補助療法や代替療法として用いる事が大前提。医療従事者により、医師の適切な処方によって行われるのが理想。芳香浴、マッサージ、湿布、アロマバス、内服等の使用方法がある。

Aromatherapyという言葉は、フランスのガットによって作られたギリシア語からの造語

語源

  • aroma ギリシア語でスパイスや芳香植物の意味
  • therapy 治療

アロマセラピーという言葉も一般的に使用されている。フランス語読みではテラピー、英語読みではセラピーとなる。

◆現在のアロマテラピーには大きく分けてフランス系とイギリス系の二つの流れがある。

日本に伝わったアロマセラピーの方法はイギリス系に近いもの。

検定・資格

(社)日本アロマ環境協会

(社)日本アロマ環境協会が主催する検定・資格制度。アロマテラピー検定(1.2級)、アロマテラピーアドバイザーアロマテラピーインストラクター、アロマセラピスト等、プロ/アマのレベル別に階級設定されている。プロとして、一般への講義を行う場合は「アロマテラピーインストラクター」、第三者への施術を行う場合は「アロマセラピスト」資格の取得が一般的である。

英国IFA協会

アロマセラピー団体としては世界最大規模であるInternational Federation of Aromatherapists(国際アロマセラピスト連盟) 協会が主催する英国の国際アロマセラピスト認定資格。日本からも資格取得が可能。

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

生活の木 アロマ 入門セット 検定 2 級

生活の木 アロマ 入門セット 検定 2 級

参考文献