アンサーソング

音楽

アンサーソング

あんさーそんぐ

既存の歌に対する続編であることを強調して世に送り出された楽曲たち。
もしくは、ヒップホップ界で、批判非難の対象になった側が反論のために作った曲のこと。

日本におけるアンサーソング第1号は、1951年の、「上海リル」を元とする「上海帰りのリル」。
ジャケットで明言された第1号は、1969年の、「黒ネコタンゴ」に対する「ドラネコのゴーゴー」。

主なアンサーソング

KICK THE CAN CREWの「クリスマス・イブRap」のようなリミックスサンプリングなどは含めない。

曲名歌手名初出年アンサー元の曲名/歌手(同一の場合は省略)
もうひとつの雨やどりさだまさし1977年雨やどり
もしかしてPARTII小林幸子と美樹克彦1984年もしかして/小林単独での曲
関白失脚さだまさし1994年関白宣言
Tear's Liberationaccess1994年DRASTIC MERMAID、SCANDALOUS BLUEから続く
ゲイ歌三部作」
アルバム『THE ROAD』THE虎舞竜2003年ロード
ジ・アンサーソング
テツandトモに捧ぐ〜
嘉門達夫2004年なんでだろう/テツandトモ
かいじ101号SUPER BELL"Z2004年あずさ2号/狩人
大人の勲章嶋大輔2005年男の勲章
vestigeT.M.Revolution2005年THUNDERBIRDINVOKEMeteor、ignited?
Lifetime Respect −女編−RSP2007年Lifetime Respect三木道三
ア・イ・シ・テ・ルのサイン
〜わたしたちの未来予想図
DREAMS COME TRUE2007年未来予想図未来予想図II
MEMORIAL SNOWTRF2009年寒い夜だから…
let go againFlower2014年let go/m-flo loves YOSHIKA